株の買い注文 株の買い注文の出し方について説明したいになりますね。実際に証券会社に口座を作って、お金を用意して、そして買うための株を選べば、次は買い注文を出さなくてはダメです。証券会社に出す買い注文は、それほど難しくはありません。まず何の株をいくつ買うのか、どんな注文方法にするのか、そして注文はいつまで行うのか、それだけで買い注文を出すことができると思います。株用語で言うと、株の銘柄と株数、成行注文なのか指値注文なのか、注文の有効期間を決めて注文するだけです。 株の数は、一例として100万円持っており、株の値段が1000円の場合には、1000株買える計算になりますし、10万円が資金なのなら、10株購入出来ますね。しかし会社によって、株の単位が違っているケースもあるかもしれませんね。銘柄によっては株の単位が違うのです。1株100株1000株などのように単位が違っています。1株1千円で100株から購入可能と言う株もあれば、1株1000円で、1株単位で購入可能と言ったところもあります。単位についてよく見たうえで注文をした方がいいでしょう。 そして注文の方法に関しては、成行注文と指値注文があります。成行注文の方は、最初に銘柄を決めていて、買値は、その時の相場の成り行きによって注文するという方法です。 指値注文であれば、自分で買値を決めてその値段以下で売り注文が入らない場合には、買えないことになりますから、少し時間が必要な注文方法なのです。どちらか選んで注文を出すことになります。初心者は成行注文から始めるのが安心ですー